5.GOLDSTYLE3 世界最強の男vs新人中学生ライダー(07/10 10:02)


先日のGOLDSTYLE3、素晴らしい盛り上がりでしたね〜
その大会の様子の一部をこちらでもご紹介させて頂きます。

第一弾は
ブライアン・アラゴン 対 サノ トキオ
の様子です。



ブライアンアラゴンはスケートメーカーレイザースからワールドワイドでシグネイチャーモデルが発売されている、誰もがご存知の世界最強ライダーの一人。
対するトキオは東京出身の中学生新人ライダー。たまにベネフィットのデモンストレーションに参加してくれたり、以前講習に参加してくれたりしてますのでご存じの方も多いのでは。
ブライアンアラゴンは今回の大会のジャッジシステムが国際規格のポイント、つまりかなりざっくり言えばある意味世界ツアーの一部に組み込まれたということと、今回のGOLDSTYLE主催の伊藤千秋の人脈というか人間力によって来日。今大会における超スペシャルゲストです。
トキオにとってみればオリンピック選手とガチで対決するようなものです。
力量としては当然雲泥の差でしょう。しかし機会として捉えればこんな機会はほとんどあり得ないですし、その機会に対し存分に全身全霊を持って臨んで挑んだトキは素晴らしいですね。
どんな世界最強ライダーだって誰もが最初から最強だったわけではなく、きっとトキのような経験を経て優秀なライダーへと育っていくのかな、と思います。
まぁトキは普段から千秋とか世界クラスのライダーと滑ったりしてますけど、やはり大会としてアラゴンと一対一の対決というのは特別だったことでしょう。
積極的に関わることで、誰にでもこんな機会が与えられる可能性があるのはアグレッシブインラインの魅力の一つだと思います。
特に日本には伊藤千秋、今回も参加していた金島総一朗、バート界では安床兄弟等をはじめとする、国際級ビッグライダー&ほんとに上手いライダーが多いですからね、そういった機会は多いと思います。
自分の未知の可能性を切り開くことが誰にでもできるので、是非とも多くの方に積極的に加わっていただきたいと思います。
5/107

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Copyright(C)2008BenefitAllrights Reserved.

Powered by
MT4i v2.25